上手な不動産購入の基礎知識

まずは、不動産購入の正しい知識を身につけよう


住宅広告の例

正しい知識1

不動産会社の広告に出ている物件は、すべてがその不動産会社の所有物件という訳ではありません。

むしろ不動産会社の所有物件はぐっと少なく、圧倒的に多いのが売主から仲介の依頼を受けている仲介物件なのです。
  見分け方は簡単です。物件の広告を良く見てみましょう。ほら広告の中に<仲介>とか<売主>と小さく出ていますよね。宅建業法でこれらの表示が義務付けられていますので、物件広告には必ず表記されています。



正しい知識2

仲介物件の場合は、どこの不動産会社からでも購入が出来ます。

 A不動産が広告を出している<仲介>物件は、A不動産から購入する事はもちろん出来ますが、B不動産から購入する事も可能です。不動産会社はお互い協力して不動産の流通を促進させる事に努めていますので、どこの不動産会社の<仲介>物件でも他の不動産会社から取扱が可能です。

 むしろ当社ではこのような取引慣行を好ましい事だと考えています。売主側業者は<売主>様の利益を第一に考え、買主側業者は<買主>様の利益を第一に考える事で、それぞれが顧客の利益を最大限にもたらす事が出来ると考えています。

 ちなみ1つの業者が売主様も買主様も見つけて売主様と買主様の間には媒介業者が1社のみとなるケースを業界では「両直」とか「両手」等と言って売主と買主の双方から仲介手数料をいただけるので業者にとっては一番おいしい取引となります。

 

正しい知識3

仲介手数料はどこの不動産会社から購入しても同じです。

 不動産会社の仲介手数料は売主と買主の間に入る不動産会社が何社であっても「物件価格の3%+6万円」(税別、物件価格400万円以上の場合の上限額)と決っています。もちろんA不動産の広告している<仲介>物件をB不動産から購入してもあなたが支払う手数料はB不動産に対しての「物件価格の3%+6万円」(税別)だけです。

エクセルファイルダウンロード仲介手数料計算テンプレート
ダウンロード(36k)


正しい知識4

資金計画はしっかり立てるべきです。

 現在は銀行の住宅ローン貸出競争がかなり激しく(つまり審査は甘くなっています)、ある程度の所得があれば、かなりの金額の融資を受ける事が出来ます。しかし銀行の融資リミットぎりぎりまで融資金を受けて物件購入をするのはかなり危険ですし、資金計画をすべて業者任せにするのは禁物です。お客様のライフスタイルに見合った資金計画を立てないとせっかくのマイホームがただのローン地獄になってしまいます。


失敗しない不動産購入のための3つのポイント

(1)まず予算の計画を立てましょう。

 物件探しやモデルハウス巡りの前に予算を立てましょう。

 先に予算を決めてから計画に取り掛からないとついつい予算オーバーでも、「気に入ったから決まり!」となりがちです。新築でも中古でも結構ですが、まず予算計画から入るのが上手なマイホーム購入の第一歩です。

 また、予算さえ先にしっかり決めておけば、気に入った物件を素早くおさえて購入手続きもスムーズに進みます。中古物件でも優良物件はすぐに売れていきますので、事前の資金計画がものを言います。

(2)ご家族の希望を出し合って整理してみましょう。

 ご家族全員の全ての希望をかなえる事はかなり難しいですが、皆さんの意見を出し合って理想のマイホーム獲得を話し合いましょう。

 何が何でも新築一戸建てがいいな。

 環境保護の為に中古住宅を買ってリフォームして住もう。

 金沢の都心生活がしたいので街中のマンション生活がしたい。

といろいろあるでしょうが、皆さんでよく話し合って、いろいろな選択肢を考えてみましょう。
 最初の資金計画によっては、選択肢に制限が出る可能性もありますが、「一生に一度の事だから」と無理な計画を推し進めると後で大変な事になります。

(3)信頼できるサービスの業者を探しましょう。

 さて、いよいよ実際に物件探しや新築業者を選択するのですが、やはり高額な商品でもありますし、ほとんどの方が初めての経験だと思いますので新築・中古あるいは土地・建物だけに関わらず、信頼できる的確なアドバイスとサービスを受けられる業者を選びましょう。


このページのTOPへ